これからHPを見直したい人へ

これからの「いいね!」を見直そう

こんにちは。

昨日は息子(1歳4ヶ月)のはじめての運動会に大興奮だったディレクターの下田です。

さて、今日は話題の旬を逃しそうなので、急遽アクセス数が増える=より多くの人にあなたのことを知ってもらえるウェブの仕掛けについて考えてみることにしました。

突然ですが、みなさん!

ウェブページ、ホームページって、見てもらうだけで終わりですか??

もし、

「1回見に来てくれた人が関心を持ち、2回目もアクセスしてくれたら?」

「見に来てくれた人が、コンテンツに共感して、友達を紹介してくれたら?」

「よりたくさんの場所で、私のサイトが紹介されたら?」

どこか一つでも強化できれば、その数字は倍になるし、ましてやそれぞれが掛け合わさればあっという間に倍々のアクセスを生み出します。

今日、アクセス数の話題を出したのは、昨月アメリカの有名なインターネットマーケティングの会社から、『検索サイトはなにを評価し、順位を決定しているか』に関する資料が発表されていて、その資料を受けて、「これからホームページを作ろう!」「見直していきたい!」と考えている人に何かヒントとなる考え方を紹介できるかもしれないと考えたからです。

資料はこちら↓
2013 Search Engine Ranking Factors Survey & Correlation Data
http://moz.com/search-ranking-factors

上記の資料は英語で書かれているので、ざっと日本語で確認したい方はこちらに紹介されている日本語版(簡易)をご覧ください。

簡単に読んだところ、前回発表分(2011年)と見比べてもソーシャルメディアにおける指標が高くなってきているように見てとれました!

facebook いいね!が付いた数、シェアされた数、コメントの数、そしてGoogle +の内容などのことです。

 

誰でも、ホームページやブログを開設したら、自分のメモ用途は別として、たくさんの人に見に来てもらいたいと思うのではないでしょうか?

 

同じ内容の記事を書いても、上記であげたソーシャルメディアの施策周りの作り込み次第でそのアクセス数を1.5倍程度に引き上げることは難しくありません。

ただ、そのためには『いいね!』したくなるネタづくりに作り手の努力が求められます。

 

アクセス数をあげる単純モデルを考えてみると、

 

どうしたら沢山の人の目に触れることができる?

これからHPを見直したい人へ 画像1
やっぱり、検索結果で1番じゃないといけないでしょうか?それとも・・・

 

どうしたら見に来てくれた人に価値を感じてもらえる?

これからHPを見直したい人へ 画像2
美しすぎるサイトはもう沢山。あなたの本当をもっと見せて・・・

 

どうしたら見に来てくれた人がアクションしてくれる?

これからHPを見直したい人へ 画像3
友達に教えてあげよ!メモ代わりに【いいね!】しとこ。でもどうやって・・・

 

考え方はとてもシンプルです。

 

ここで先のマーケティング会社発表の資料にあった、昨今の重要視される指標をかさねあわせると、下記リストについて丁寧に見ておくことが肝心だと感じました。

・その記事は誰が(誰と)書いているのか?

・なぜ読者はあなたの記事を広めないと!と思うのか?

・facebook いいね!の数よりも大切なことはなにか?

 

ここをしっかりと考えていけることが、次のインターネットマーケティグに取り組む第一歩だと僕は考えています。ここには、伝えたいことがそれを知りたい方に正確性を持って伝わることに、著者(書き手)の信頼性がより重視される社会にしていきたいというGoogleの姿勢が見え隠れしているように思います。

 

それでは、あなたが信頼を獲るに値するクリーンな人物であると『伝わる』には何が必要でしょうか。

ここを次からはもっと考えていく予定です。

明日へ続く。

ウェブセルフブランディングと、いちごポッキー

ウェブセルフブランディングと、いちごポッキー 画像1

こんにちは。

息子の運動会がとっても楽しみなディレクターの下田です。

今朝、電車の中でなにを書こうか考えていたのですが、全体的な方向性として
『本線と脱線』を交互に繰り返しながら書いていくことにしました。

つまり、WEB屋さんらしいインターネット関連の技術的な話題に触れることもあれば、
「最近、欲しい服ってありますか?なんかね、僕最近は物欲が無くて全然困ってます。。」といったくだらない問題提起で終わることもあるという。

 

なんか、その方がリアルだと思ったんです。

 

世の中には、優秀な技術者も制作会社も巨万とあり、

その中で、「ウェブの作り方はあーするべきだー、こーするべきだ」を書いてもつまんない。」でしょ。

翻って、僕達が感じていること、やっていること、取り入れようとしていることを赤裸々に語りながら、いまの時代のウェブを使って『伝える』ということ、『伝わる』ということを表現していきたいと考えました。

 

さて、そんな前置きの長い今日は、いちごポッキーについて。

今日、ブログネタに久しぶりに事務所近くのコンビニで買ってきたのですが、
やっぱり美味い(上手い)です=

パッケージが価格を納得させるバリューを出しているように思います。

そして、僕達が子どものころから変わっていないピンクのパッケージに約束どおりの味。

このいちごポッキーを見ていて、思うのは、パッケージという器は自分でいかようにも作れるということ。

 

彼女(いちごポッキー)が、紙皿や紙コップに並べられて、
粗雑に売られていても、美味しそうには感じないでしょう。

150円払って、誰も買おうとも思わないでしょう。

 

でも、ここに気が付いても、自分のブログやサイトのこととなると、
ことおざなりにされていることが多いように思います。

いや、サイトに限ったことではありません。
宣材用のポートレイト写真であったり、プロフィール原稿しかり。

 

個人でビジネスをされる方が本当に価値あるスキル持っているというのであれば、
そのかさにあった、見せ方にこだわること、いやその客観視も難しいと思うなら、
気軽に相談に乗ってもらえる相談役を見つけることが、大きなセルフブランディングの
飛躍につながるきっかけになります。

「私なんて、まだまだそんなレベルではない。」

そう言ってしまうことは簡単ですが、

ユーザーと横並びではいけない、一歩その専門分野での知識を約束する人たちだからこそ
期待されている一歩先のイメージづくりに真剣に取り組んでみる価値はありそうです。

 

本当は150円の価値のある内容を持っているのに、
なぜだか人が集まらない(買ってもらえない)に困っていたら、それができている人に尋ねてみたり、弊社のようにカメラマン、ライター手配からサイト制作までコンサルティングを得意としながらも大きすぎない、担当ディレクターの顔の見える会社に電話してみるのもいいかと思います。

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥ですから。

お付き合いのある素敵なカメラマンさんたちが映し出す、素敵なクライアントの変化に出会い続けて、なんかそういうことを語ってみたくなった今日なのでした。

ウェブセルフブランディングと、いちごポッキー 画像2

明日へ続く。

100日発起

100日発起

こんにちは。

今日も息子がかわいくてしかたがないディレクターの下田です。

いや~、久しぶりにブログを更新!

と、思ったら、

 

なんと100日ぶりの登場でした・・・

クライアントには「ウェブは生物。更新が命です!週に2~3回は更新してください!!」とたしなめている割りにはその本人ができていないというなんともお粗末な結果でした。

 

いや、でも言い訳があるんです。

クライアントからいただくお仕事が多すぎて、ブログ書いている余裕全くなし!!

 

そういうと、「なんて余裕がない奴・・・(-_-;)」と言われそうですが、

 

そのとおりです!

 

OHANAsmileでは、パートナーのデザイナーやカメラマン、イラストレーター、ライターの方々と連携しながら私がディレクションをし、サイトを創り上げていくわけなのですが、システムの作りこみはほぼ私がすべて責任を持ってやり切ります。

 

そんなわけで、WEBチームの隊長でディレクションもしながら、最後は開発の責任まで全うするなかで、集中力が求められるのですが、元来の性格が猪突猛進型なので、いったん今日はこれをやると決めたらやりきるまでその仕事を離したくありません。

ので、「あ~今日も一日ブログが書けずに終わったわ~」となるのです。

 

いけませんね。

いくらクライアントの仕事が最優先でも、将来の出会いの芽を育てていくことは同時並行してやらないと。

そんなわけで、ブログ復活します。

 

今日は、なんでもない言い訳だけのブログでしたが、取り急ぎ再開にあたってまずはそんな内容から始めたいと思いました。

 

どうすれば、なんとなしにアクセスしてきてくれた(しまった、、)一見さんに対して、僕たちらしさを伝えることができるか。

よくよく考えると、技術のことは知っていて、書きやすくても、それは制作に必要なプロセスの一部であって、コンテンツではないように感じていました。

 

『発想と実践』

 

やりたいことは、これですが、まずは発想(考え方)部分の紹介が多くなるかもしれません。

しかし、紹介していく内容は時期は違えどかならず「ヤル!」ようにしますので、僕達のバタバタ劇を期待せずにご覧いただければ幸いです。

 

明日へ続く。

ソーシャルナレッジ・コーディネーター。

ソーシャルナレッジデザイナー、もといソーシャルナレッジ・コーディネーター イメージ画像

こんにちは。

今日も息子がかわいくてしかたがないディレクターの下田です。

ここ最近(数ヶ月?)、ブログらしいブログを書けないでおりましたが、書けないと書いたのは書かないではなく、文字どおり書けないからでして、「何を甘っちょろいこといっとんねん!」というストライクなツッコミはやめてください。

メンタル的に病んでて、というよりは、
自分自身に対するポジショニングの話なんですね。

私の名刺には取締役 Webプロデューサーと銘打たれておりますが、私が考える『Webプロデューサー』って実はクライアントだったりするんですよね。

実際に、ウェブ上のポジショニングのことであったり、それのリアルとの連動も考えた動きをカタチに導いていくという作業はプロデュースなのかもしれませんが、結果的にお客様に理解していただいて、その方が必要だと思うPRのかけ方や、それを以後継続的に『誰に、何を、いくらで頼むか』といった戦略と財務的にもサステイナブルな体制で納品し、サポートすることでクライアント自身にプロデューサーとしての視点が芽生えれば、それはもう立派なウェブプロデューサーだと思います。

まっ、これは私自身のちょっとしたエゴもあるわけで、常にそうできている!ではなく、そこを目指しているということです。その時、「じゃあ、サポートしている私って何?」になるわけです。

それで表題の件なのですが、

今朝に来て、それを括るとこういうことなのかな?っていうのがぼんやりとまとまった気がしました。

社会に点在する情報資源をうまく活用することを支援する人

これを指して、Social Knowledge Coordinator(ソーシャルナレッジ・コーディネーター)と呼びたいと思います。最初、この部分を設計者という意味も込めてソーシャルナレッジ・デザイナーとしていたのですが、カッコつけてると微塵も思われたくないので、より縁の下の力持ち的な意味合いの強い【コーディネーター(調整役)】とすることにしました。

といことで、これからは私、『(自称)ソーシャルナレッジ・コーディネーター』と肩書きに書くかもしれませんが、「何を偉ぶっとんねん!」といった手厳しいツッコミはご遠慮願います。

またどこかで、なぜ『ソーシャル』や『ナレッジ』という文字を配したのかは説明します。

これからはここを軸足に、視点と行動を持って世の中に貢献できるモノを提供していければと考えています。

新規ヨガプロジェクトのための撮影終了!

新規ヨガプロジェクトのための撮影終了! 画像
こんにちは。
下田です。

昨日は年末から来年始めにかけて告知を予定している新規ヨガプロジェクトの撮影で
駒沢スタジオが約半日間、写真スタジオと化していました。

都内に2店舗営業しているオハナスマイルヨガスタジオは一般ヨガクラス・スクール事業を主体としていますが、平日のお昼など、弊社主催のクラスやイベントが行われていない間はレンタルスタジオとして貸し出しています。
ヨガのプライベートクラスはじめ、フォトスタジオとしてご利用いただけます。

どちらもそれぞれ僕達が信頼している建築家に設計をお願いしてきたのでオススメなのですが、
特に駒沢スタジオは初々しい白壁に、4m近い天井高、そして自然光をふんだんに取り込める大きな窓があり、
ポートレイト撮影やインタビューカット、レッスンマニュアルなどの動画・スチール撮影まで幅広いニーズに対応可能です。

今回の撮影にご協力いただいた先生はじめ、スタッフの皆様、アシスタント様おつかれさまでした。

公開を楽しみにしておいてくださいね。

参考:過去のスタジオを使った撮影事例はこちらこちらなど

統合医療の、キーワードの壁をぶち破る!

統合医療の、キーワードの壁をぶち破る!画像
こんにちは。

今日は、最近すすめているプロジェクト(の一つ、、)について。

あれは今年のニ月頭、
以前HPを納品さしあげた平賀恭子さんのご紹介で、統合医療に明るい臨床心理士の方をご紹介いただきました。

なんでも、臨床心理士が担うカウンセリングという立場に、大きく『繋ぐ』という役割があるとか。
統合医療の考え方の素晴らしさをみなさんに知ってもらうためのサイト』を
たちあげたいとの相談を受けていました。

少しずつ、その目的や、クライアント(ここではライター)の役割、
なんのために、どういった記事が必要で、そもそもテーマはどこに設定する。
そして、直近のゴール、一年先のゴールを見定めながら、ゆっくりと進めてきました。

先日やっと1回目の取材・撮影を終えたのですが、これが雑誌の取材並みにハード!!

「いったい、なんのためにやってる(書いて)のか?」

これが、もの凄くはっきりしてないとなかなか続けられるものではないです。

基本的に営利の追求を目的としない啓発型ブログサイトですが、
統合医療なんてカチンコチンに難しそうな言葉を、どうユーザーに飲み込んでもらうかが
今回のポイントだと思っています。

一般的には、「統合医療で一番になりましょう!」なんてコトバが売り文句になるのかもしれないですが、
そうはせず、どうすれば、最終目的地にたどり着くために必要な人を必要な分だけ動かすことができるか
にフォーカスして、マスマーケティングとは違う動きを目指します。

ユーザーの検索キーワードはもちろん大切にしますが、
アクションを取りやすいサイトにするのが、プロデューサーとしての役割ですね。

新年明けましておめでとうございます!

新年明けましておめでとうございます!

新年明けましておめでとうございます!!

昨年は絆と災の一年でした。
自然への畏怖、そして人災ともいえる事故を通じて、私たちの生き方それぞれを深く考えるきっかけになった一年だったと思います。

今年は明るい一年になるのでしょうか!?

そういえば、私の身の回りでも結婚・出産ラッシュが続いていて、随分と知り合いの中にも
家族の増員にめぐまれている方、予定の方が多くいます。

我が家でも今年の中頃には、新入りが加入予定です。☆彡
今年はより一層、自分単位から、家族単位で仕事やものごとを考える機会が多くなりそうです。

去年一年、チャレンジした人も、そうでなかった人も、
今年は辰年の勢いにのって、ぐいぐいと自分の可能性に挑戦していきたいですね。

その商品やサービス、想いが伝わるサイトづくりを今年も心がけてまいります。
一歩でもそのゴールに近づけるように、テクノロジーを力に変えて。

本年もオハナスマイルをどうぞよろしくお願いいたします。

– SHIMODA –

今週は取材・撮影ウィークです

今週は取材・撮影ウィークです 画像1
こんにちは。
下田です。

今週は某案件の取材・撮影ウィークとなっております。
東京を中心に、業界の様々な有識者、ご家族からインタビューにご協力いただいております。

今週は取材・撮影ウィークです 画像2
取材をとおしていろんな気づきがあり、
毎日家族の幸せについて考える日々です。

最近、先日記事で紹介した『子供へのまなざし』という本を読んでからというものの、
薄目を開けて、対面している方をよく見ると、そこにその人の幼少時代を想像するようになりました。

「きっと、こんな子供だったんじゃないかな。」

そう考えると、お互い仕事やビジネスといった関係では割り切れない深いものを感じます。

昨日の夜、そういえば今の仕事のヒントになるかもしれないと、帰りの道すがら本屋で

ザッポスの奇跡(改訂版)~アマゾンが屈した史上最強の新経営戦略~』を買って来ました。

前から、ザッポス!ザッポス!とネット界隈ではとても騒がしかったんですよね。
それを遅ればせながら確かめようと。

これからのEコマースの在り方、企業の存在意義のヒントがここに見つかるような気がしていました。
内容的には当たり前が一番難しいという、何のために仕事をするのかの原点を気付かされるものでした。

採用はじっくりと時間をかけて、解雇は一瞬で。

こういった厳しさのようで優しさにも見える哲学が、これからの仕事にはとても重要になってきています。

ワークライフバランスなんてナンセンスだ。
ワーク=ライフと感じられるような幸せを感じたい。

そういったことも触れられていました。

何のために仕事をして、子供にどういう仕事をしてきたと言うか?
いや、どういう気持ちで、何を目指して仕事をしてきたと言うか。

後者の方が大切かなと、今日は思った次第です。
さて、明日も取材だ。

P.S. 写真は自宅から持ってきた、自称チュー太郎博士 4歳

オハナスマイルの封筒でけました!

オハナスマイルの封筒でけました!
資料・請求書・サービスのご案内など、様々な用途で使用されている封筒ですが、
このたび、株式会社オハナスマイルでも遅ればせながら封筒をデザインし、使い始めています!

くちばしのオレンジがお気に入り。

会社ノベルティって、どうしても後回しになりがちなのですが、
封筒を送る先で、たとえば自社のことをあまりご存じない方へ送る場合、
「中身はきっと気に入るはずだから、まず見てみて!!」では通用しませんよね。

そんな、一度きりになるかもしれないコミュニケーションを大切にする姿勢は
こんな小さなツールにも表れてくると思っています。

印刷やデザイン費用をあわせて、5万円以上かけたとしても、
月に10数回、通販カタログやDMを送付する会社なら、その10倍は印刷して送付しているはずです。

そうなると、当初は高いな~と思っていた初期コストも、按分すれば意外に納得の費用に。

これからは記憶に残る、営業ツールとして活躍してもらいましょう!

ホームページのブログ記事を公開したら、自動でtwitter

ホームページのブログ記事を公開したら、自動でtwitter
こんにちは!

最近、オハナスマイルの制作サイトでは、ブログ記事の新規作成・公開と同時に
システムによって自動でつぶやく(twitterでツイートする)仕組みを導入し始めています。

記事を追加する度に、「追加しましたよ~!」とtwitterでアナウンスするのも
それほど手間ではありませんが、自動化できるとやっぱり便利。

弊社でサイト制作したクライアント様向けには、追加の実装を無料からご相談いただけます。

twitterの効果的な利用方法、またどんどん紹介していきますね。