アニキの工夫 Vol.10 協会・組織・団体のサイトに必要な機能を考える

アニキの工夫 Vol.10 協会・組織・団体のサイトに必要な機能を考える 画像1
おはようございます。

さっきの地震!!
結構長く揺れてましたよね~。

震源地の宮城県では震度5を記録したみたいです。
それにしても、みなさんの携帯電話に【緊急地震速報】の着信はありましたか?
こちらには無かったのですが、どういった基準で配信されるのが不思議です。(ーー゛)

さて今日は、団体組織のサイトづくりについて考えたいと思います。

基本的な設計は一般企業サイトとかわらないと見ています。

しかし、ユーザーとコミュニケーションを取ることをサービスとする団体のサイトのあり方は、
よりそちらを意識した作り方をすべきだと思います。

  • 参加することのメリットがわかりやすい
  • 参加した後の理想的なわたしが見てとれる目標オブジェクトが用意されてある
  • 参加する理由がわかりやすく書かれてある
  • 既に参加された先輩たちの声がわかりやすく表現されている
  • 参加している方、卒業生の表記があり、コミュニティ形成が意識されている
  • はじめての人にもわかりやすいQ&Aコンテンツが用意されている
  • リピートして見に来たくなるライブ感がある
  • イベント情報の紹介がユーザーの視点で書かれてある
  • 人間味のある、しかし協会のイメージやトーン&マナーを引き継いでブログが書かれている
  • 使命をユーザーに押し付けず、結果的にユーザーをゴールに導く仕掛けが用意されている

基本的には、ユーザービリティ(使い勝手)や参加する動機づけが高くて、
且つ協会サイトとしての情報公開性の高さが求められるように思います。

団体のサイトとして意識すべきユーザビリティへの配慮は、業種こそ違いますがこちらこちらなんかが参考になります。

ですが、

アクションに結び付けるための情報公開はどこまですれば効果的なのか、プロジェクトに応じたさじ加減が必要です。

といっても混乱しますよね。。
あくまでも私見としてご覧ください。

そして僕が思うにサイトには固有のペルソナが必要ですが、グローバルな読者を見込んで立ち上げられたサイトにあっても、ローカルでもサービスを行うサイトにおいては、そのペルソナが複数あったり、ページ毎に異なっていてもいいのではないかと考えています。

以下はヨガ業界を中心にピックアップした協会やイベント告知サイトになります。
それぞれどうしてこのデザインになったのか、制作者の意図が感じられて面白いです。

弊社でも最近、新しく協会サイトの立ち上げのご用命をいただいたので、その考えを披露する機会が持てそうです。
制作過程はクライアントからお許しを頂いた上で、可能な限りシェアしていきますので楽しみにしていてくださいね。

それではピックアップサイト一覧です。

アニキの工夫 Vol.9 HPってナンボ?

アニキの工夫 Vol.9 HPってナンボ? 画像1
おはようございます。

最近、制作のために早めに帰社して、朝の午前4時から自宅で仕事を進めております。

クリエイティブな仕事をする人は朝起きってすぐにでも机に向かうのが科学的にも良いらしいのですが、そうした生活を続けると午前10時だというのにすでに頭の中が夕方モードになってきます。

早朝から仕事に精を出すクリエイターって、どうやって昼間の集中力を保ってるんでしょうかね?
上手に休憩や仮眠を入れながら昼間も上手に活用したいと思います。

そして、調べたらこの方法もまたどこかでシェアしますね。

さて、今日はいまさらながら感のある、

「ホームページってナンボ?」

について、さらっと書きたいと思います。

ホームページ制作っていくらくらいが正当な対価として支払われるのでしょうか?

私の知る限り、大きな会社では比較的高くなり、個人(フリー)から小規模の会社になるとその価格でどうやって生活できるのだろうか?と疑問を抱かずにはいられないほどの低価格路線をとるところまでピンきりです。

5万円で作ります! (・o・)

100万円からでないと・・・ (・_・;)

制作会社によって、様々。

そんな業界に対して、依頼する側はどうやって標準価格を見つけ出し、信頼できるパートナーを選ぶことができるか?

参考までに、私的な観点から割と的を射てるなと思う資料(サイト)をリストアップしてみます。

パーツやページ単位での仕事は数万円から、
そして、サイト丸ごと受注するタイプでは数十万円というところが多いです。

弊社でも、ヨガインストラクター向けのホームページを10万円以内で、小規模もしくは立ち上がり間もないヨガスタジオ(お教室)様向けに30万円からの価格帯でホームページ制作のご依頼を承っていますが、『リーズナブルで効果的』なホームページの納品を実現するために、クライアントにご協力いただいていることが何点かあります。

  • 写真や原稿素材は基本的にクライアントによる制作・調達(※カメラマン、ライターはご希望により紹介)
  • デザインパターン(カンプ)は数ではなく、質を見てもらう(提案にいたるまでの十分な話し合いにご協力)
  • 手戻りや急な思いつきに対応するため、素材はすべてお客様からご用意いただいた上で制作開始

そして、見積の取り方についてですが、

いくらで作れるか?よりも、
いくらの成果があがることを期待しているが、いくらで作れるか?

と聞くのが正しいです。

西郷隆盛を称した坂本龍馬ではないですが、

われ、はじめて西郷を見る。その人物、茫漠としてとらえどころなし。ちょうど大鐘のごとし。小さく叩けば小さく鳴り。大きく叩けば大きく鳴る。

オハナスマイルでは、大きなものを期待される場合は、その声に耳を傾けます。
そして、小さく叩くところから始められる場合にもその声にアドバイスさしあげます。

拝金主義的なプロジェクトはお断りですが、必死の伝えたいにはいつでもお応えいたします。

アニキの工夫 Vol.8 広報力をアップする(メルマガ編)

アニキの工夫 Vol.8 広報力をアップする(メルマガ編) 画像1
こんにちは。

いや~、今日もまたとんでもないお天気です。

ここ東京も大粒の雪が降り出して、自宅から駅まで10分程歩いただけで傘に雪が積もってました。

もうすっかり巷のアパレルショップは春・夏モードで、ダウンジャケットなんてもう残っていませんが、
こんなことなら先日のアウトレットセールで買っとくんだったと後悔。。

さて今日は、今あたらしくメルマガツールを弊サイトのサーバーにインストールしているついでに、
メルマガ配信について書きたいと思います。

メルマガ(メールマガジン)とは、発行人が購読者に対して定期的にメールで情報を届けるシステムを言いますが、
みなさん既にお使いになられていますか?

最近では、このシステムを応用して近所のお店のチラシを自動配信してくれたりと、どんどん高機能化してきているのですが、ヨガ教室をはじめスクール事業に携わられている方や病院など一対多型のビジネスを展開されているところは、この配信システムとっても便利なのでお勧めです。

メルマガと聞くと、「最近、どうも登録していないのに一方的に送られてる?」と思うような怪しいメールが頻繁に届くこともあって、どうしても『メルマガ=迷惑』の印象が先に立ち、配信する側も導入をたじろいでしまいますね。

しかし、

『無理に売り込む』ためではなく、
『活動内容や商品などの情報発信を行う業務』だと捉えれば、
むしろ使わないことは、伝えたいことがあるのにブレーキをかけている
非常にもったいない状況を生んでしまっているということにならないでしょうか?

配信する側としてその誠意は、迷惑だった場合の『配信停止方法をわかりやすく明示』するだけで十分伝わるもんだと思います。

そして、どんな配信システムがいいのかわからない人は、このあたり↓から探しはじめてみるのといいと思います。

そして、「内容をどうするか?」

先の迷惑メールの話ではないですが、最近自動配信されて送られてくるメールに対して、
読者の警戒感は相当に高いものになっています。

宣伝ばかりかかず、届けたい内容+読んでいて読者メリットのあるものにしていきたいですね。

では、「そこに必要なものは何か・・・?」

そういえば、、

この前、お風呂に入ろうと服を脱ぎながらも目にとまった番組があまりに面白く、
しばらく半裸のまま見入っていました。(;一_一)

アニキの工夫 Vol.8 広報力をアップする(メルマガ編) 画像2
第158回 伊藤美恵(2011年2月28日放送)| これまでの放送 | NHK プロフェッショナル 仕事の流儀

伊藤さんの話の中に、光るキーワードがありました。

『感情を、伝染させる』

”情報の送り手がただ一方的に伝えるだけではなく、喜びや楽しみといった感情が人々の間で伝染し、爆発的に広がっていくようなきっかけを仕掛ける。”

感情のある情報は信じやすいし、口コミしやすい。

それは情報に感情がくっついていることで、信頼できるかどうか判断付きかねていたものが
急にイキイキとして見えるからかも知れません。

そういえば、昔僕もそんなことをつぶやいていました。

株式会社 オハナスマイルでは、ヨガの情報ポータルサイト『yoga generation』、ヨガウェアの通販サイト『東京ヨガウェア2.0』、そして目黒区祐天寺のヨガスタジオ『オハナスマイル スタジオ』にてメールマガジンを配信しています。

全サイトのメルマガ登録会員数の合計は2011年3月現在で数万にも及びます。

わたしたちも、しっかりと感情を結びつけたグッドニュースを届けられるように毎日意識して頑張りたいと思います。

アニキの工夫 Vol.6 速報性の高いニュースの配信にtwitter

アニキの工夫 Vol.6 速報性の高いニュースの配信にtwitter
こんにちは。

今日はシフト出社で、午前11時からの勤務でした。
いや~、たまにこうやっていつもと違う時間帯で電車に乗ると
乗客の年代も朝の通勤時間帯のそれと随分と違うのでなんだか新鮮でした。

さて、今日はアツアツの情報をいかに素早くユーザーの元に届けるかについて考えてみたいと思います。

多くのホームページで、『新着情報』もしくは『ニュース』という
速報性の高いトピックを表示するエリアが設けられているかと思います。

新商品の入荷情報やサービスのアップデートなど、一刻も早く読者に届けたい情報が並べられています。

本当はそれら内容にアップデートがあった場合は即座にブログやホームページの該当欄を更新して、、
というのが理想なのですがなかなか他の仕事に手を取られて手付かずとなり、新着記事が新着と言えないくらいに
情報の鮮度が落ちてしまうことってよくあることだと思います。

そんな時に便利なのが、twitterでつぶやけばそれがそのまま新着ニュースとして
ホームページの該当エリアに表示されていくというtwitter公式ウィジェットの利用です。

例として、このブログ(OHANAsmile.com)の左サイドバーに表示されているtwitterのタイムライン、
そして、ヨガジェネレーションの一部スタジオページに実装されている『教室のtwitter』などがあります。

twitterウィジェットの取得はとても簡単で、以下のページから入手して、自分のホームページに貼り付けるだけ。


Twitter / ウィジェット

twitterのつぶやける文字数の制限(140文字)も、新着トピックの見出しとリンクだけを表示するなら全然困ることはありません。

またこの副次的効果として、多くの人の目にとまる機会(フォロアーに告知)が作り出されていうものがあります。

twitterの利用方法、いろいろ考えてみたいですね。

おっと、デメリットも伝えておかないといけません。

このtwitter。。

なんと、サービスのダウン(つまり、つながらなくなる)が頻発します。

稼働率は90%代後半と一見すると安定稼動しているように見えるのですが、上記のような使い方を想定した場合
サービスダウン時は、twitterの表示エリアには何も表示されず、ただ真っ白な空白スペースのみの表示となります。

これは、会社でウェブ部門を担当する者にとって完全に事故扱いになります!

最新情報の伝達をビジネスの核とするニュース系ポータルサイトにおいては特にやってはならないことだと思います。

ですので、オハナスマイルのサイトでもまだニュース告知機能としてtwitterのウィジェット利用に一本化する方法は取っていません。

代わりに新着情報を示すトップページの『INFORMATION NEWS』と、サイドバーのtwitterウィジェットの両方で
異なるタイプのニュースを上手く読者に届けられるように工夫しています。

最後はちょっとゾクッとさせてしまいましたが、今日はtwitterの利用方法についてでした。

アニキの工夫 Vol.5 ちょっと優しい仕掛け@ちょっと変わったお花屋さん

優しい仕掛け@ちょっと変わったお花屋さん
こんにちは。

今日はひさしぶりにいいお天気となりました!

弊社では、デスクは窓際に外を向いて一列に配置されているのですが、あまりに日差しが強いもんだからついつい油断して、薄手のシャツで昼食に出掛けました。

でも風はまだまだ冷たく、凍えるはめに。。

さて今日はオハナスマイルが得意としているウェブコミュニケーションを、他のデザイナーさんの作品なのですがとても上手に表現されているサイトを見つけたので紹介します。

『アニキの工夫』シリーズの中に入れていますが、お花屋さんの工夫です。
悪しからず。(^-^)

はなささら|ちょっと変わったお花屋さん

このサイトは『はなてがみ(花手紙)』を売るサイト。
HPの「今日のお花」から好きな花を選んで、最大100文字のメッセージを添えて送られる一輪花とメッセージの郵送サービスです。母の日のプレゼントに、大切なあの人に、そして、亡くなった想いでの人へのお供え花としても使えそうな内容になっています。

弊社が運営するヨガの情報ポータルサイト『ヨガジェネレーション』でも以前記事として紹介したことがありました。

こちらのサイトの中で、「あぁ、なんて優しい仕掛け。ウェブコミュニケーションなんだ。」と感じたのが、
ページのフッター(最下部)あたりにある小さなアンケート。

お花を贈る相手は?

なんか、こういうのいいです。

マーケティング目的とはいえ、うまく考えられているなと嬉しくなりました。
しかも、複数チェック可能なチェックボックスにしているあたりがニクい!!

そうですよね。
お花を贈っていい相手はたくさんいるのかもしれませんね。

「ウェブサイトがきちんと考えられているサイトの商品は、きっと大丈夫だろう。」
それが、ウェブコミュニケーションの取れるサイト。

自分なりの商品選びの方法論です。

今日はちょっと嬉しくなる優しい仕掛けを持つサイトの紹介でした。

さっそく、ちょっとマネしてみました。↓↓↓

[poll id=”2″]

アニキの工夫 Vol.4 Photoshopを持っていないならコレやっ!

アニキの工夫 Vol.4 Photoshopを持っていないならコレやっ!
こんにちは。
アニキの工夫も今日で第四回目です。

今日は、午後から雨模様という予報を大きく裏切られる暖かい一日でしたね。

すっかり天気予報を信頼して大きな黒傘にマフラーと、万全の準備で外出したのですが、
原宿の街の中を歩いていて逆に恥ずかしいくらいにお天気回復してましたね。

この用意周到さ、実はフィリピンに英語留学していた時に身につけました。
フィリピン中部の高原都市ではホントお天気がころころ変わるんですよ。

だから、ジーパンの後ろポケットに極小の折り畳み傘を携帯しておくのが癖になっていました。

さて、今日はお客様からよく聞かれる、

Photoshop持っていないとダメですか、、やっぱり・・・

という相談にお応えして、持っていないならこのフォトレタッチソフトがおすすめ!を紹介したいと思いました。

その名は、

『GIMP』

「ギンプ」と読みます。
多分。。

無料で利用できるにも関わらず、製品版のPhotoshopを凌ぐほどの多様な機能を備えています。
これで、Photoshopを買う必要なし!!

と、いいたいところですが、そこはやっぱりAdobeさんの製品。

Photoshopはその機能性の高さだけでなく、初心者でも見ただけでわかる操作性の高さと、たくさんのマニュアル本が出版されており、初学者が学ぶのに優しい環境が整っていることは見逃せませんね。

ただ、「私、写真の拡大・縮小と上に文字を重ねたいだけなの!」という方には、まずは先のGIMPのポータブル版『GIMP Portable』を是非ともお試しいただきたい!

このフォトレタッチソフト(写真編集プログラム)は、パソコンにインストールして使うのではなく、なんとUSBメモリにインストールして持ち歩くことができるんです!!

これで、外出先での急な画像の変更も安心ですね。

ダウンロードはこちらから。

インストール方法や詳しい説明はこちらのブログに詳しく載っていますので参考にしてみてください。

しかし!インストールできても使い方がわかんない!!

という方には、ちゃんとあります。

世間にはたくさんのマニュアル本が。

Amazonで『GIMP』と書籍検索していただくと、たくさんの参考書が見つかりますので出版日が新しくて、評価の高いものを中心に読み較べられるといいと思います。

このように、そのプログラムについて書かれた書籍が多いというのも安心出来る点ですね。

今日は、無料で使える画像編集アプリケーションの紹介についてでした。

アニキの工夫 Vol.3 新着記事にちょっとアクセント

アニキの工夫 Vol.3 新着記事にちょっとアクセント
こんにちは。
アニキの工夫も今日で第三回目。

ライトにどんどん行きますよ!

さて、今日は新着記事・お知らせ一覧に使えるちょっとしたテクニックをご紹介。

あれは確か10年前、、
昔はホームページの新着記事に『New』というアイコンを挿入するのが流行っていましたね。

最近ではほとんど見かけなくなりましたが、この『New』アイコン。
まだまだ使えます。

新着記事はトップページに配置されることが多いのですが、
本来まっさきに読んでもらいたいこのニュース記事が、トップページや特集画像のインパクトに負けてしまい
あまり読んでいただけないことがよくあります。

そういった場合、有効なのがこのサイトのように
新着記事のテキストタイトルのそばにアイコンを表示させることで

うまくユーザーの視線を引き止める!という方法です。

このサイトでも実装してみました。

ここではPHP(プログラミング言語)を上手く使いながら、ニュース記事の公開日を読み取って
公開日から今日まで2週間(14日間)を経過していなければアイコンを表示するというプログラムを書いています。

たった一行のコードで、なんども新着記事のHTML書き換えなくとも自動で表示してくれます。

この小さな工夫が、サイト更新担当者でもあり、ビジネスオーナー兼販売員だったりと
一人で何役もこなさないといけない中小企業のウェブ担当者には非常に助けになります。

ほんのささいなことのように思えますが、このコードの挿し込み、書き換えにかかる僅か10分間たらずの時間も
週に一回の更新で、一年間は52週だから、塵も積もって年間で9時間にもなります。

これが数10ページの更新となると、、
恐ろしい時間の無駄遣いですね。

システム化と聞くと、とても機械的で冷たい印象を持ってしまいますが、
効率化できる部分はどんどんシステムに任せて、担当者は『売れる・伝える仕組みづくり』に専念したいですね。

今日はちょっとしたシステム化がもたらすメリットについてでした。

アニキの工夫 Vol.2 「どこで?」にちゃんと答える

アニキの工夫 Vol.2 「どこで?」にちゃんと答える
こんにちは。

アニキの工夫 第二回目はグーグル マイマップの使い方について。

よくお教室のサイトを見ていると、すごく綺麗に作られているのに、
『どこで?』開催されているのかわかり辛いページを見かけます。

住所だけ記載されていても、ユーザーは駅からの距離を見て行ける行けないを判断する場合が多く、
そこでサイトから離脱してしまったユーザーはサイレントカスタマーに・・・

つまり、

「このサイト、地図も無くて分かりにくいから行くのや~めた!」と悪い点を指摘してくれることなく

もう二度とサイトを見に来ることはありません。。

私らしく、手書きの地図でもいいです!
手書きの紙をスキャンして、画像として掲載しておくのも立派なおもてなしだと思います。

でも、もっと簡単に常にアップデートされた地図情報が欲しいのならGoogle社が提供している
グーグル マイマップを利用しない手はありません。

使い方は簡単。

グーグル マップにアクセスして、[マイマップ] > [新しい地図を作成] でオリジナルの地図を作ります。
マイマップの中では自分の教室をピン(押しピンみたいなもの)で表示させることも、
駅からの最短ルートを表示することも可能です。

最近のオハナスマイル制作サイトでの実例では、

なんかがありました。

みなさんも一度お試しください。

アニキの工夫 Vol.1 フェードイン・アウトで切り替わるバナー画像

アニキの工夫 Vol.1 フェードイン・アウトで切り替わるバナー画像
おはようございます。
いや~、今日は久しぶりのパリッと快晴!
気持ちのいい朝ですね。

はっ!(゚ロ゚;) もうお昼か・・・

さて、今日のブログは前から考えていた

どうやったら、はじめてこのサイトにアクセスしてくれた人たちに、
「ホームページ作ってみたいな~」と思ってもらうことができるかの取っ掛かりとして、

ヨガジェネレーションなど、オハナスマイル(弊社)でも使っているテクニックやHPの仕掛けなんかを
ゆる~く、わかりやすく公開していく記事を用意しよう!と思い、

はじめました!!

『アニキの工夫』シリーズ

今日は、アニメーションで切り替わるバナー画像についてです。

上の画像の赤枠の部分、yoga generationのトップページ右上にあるバナー画像です。
この部分には注目のヨガ講師養成講座やワークショップイベントの案内広告を出しています。

小さなスペース、されど多くのユーザーが視線を落とす価値のある場所。

ここにいかにたくさんの情報を詰め込めるかがポイントです。

yoga generationではここに、数行のコードで簡単に実装できるフェードイン・アウトで切り替わるアクションを配置しています。

4つの講座案内をランダムに、5秒間隔で切り替えています。

小さな工夫ですが、、

このキーワードで検索してみてください。

yoga generationの講座が見つかりませんか?

長くなるので省きますが、こういった工夫でいろんな効果を得ることができます。

今日は、フェードイン・アウトで切り替わるバナー画像についてでした。

実装に関するお問い合わせはこちらまで。

お気軽にご相談ください。