ヨガサイト作りはリアルな経験を踏まえてお手伝い

ヨガサイト作りはリアルな経験を踏まえてお手伝い 画像1
おはようございます。

今日はヨガコンサルティング事業について少しご紹介させてください。

オハナスマイル ヨガスタジオでクラスを担当いただいているヒカル先生のヨガでもおなじみのシヴァナンダヨガ

そのシヴァナンダヨガの本部協会はインドにありますが、その日本支部が近く正式にオープンする予定です。

シヴァナンダヨガジャパン-東京センター(仮称)』

昨3月より正式にサイト制作の依頼を頂戴し、これまで日本支部 代表スタッフの方々と打ち合わせを重ねてきました。

その中で新規に借りうける物件にて床の改装工事も行いたいというご相談を受けていました。

ヨガスタジオの立ち上げで、床といえばハード面で唯一お金をかけられるところ。

そして、後でやり直しがきかない部分としてとても重要な判断に迫られるところでもあります。

今回は、『45日間レポート』でもおなじみのお兄ちゃんこと高山先生(一級建築士)に同行いただいて、現地視察に行って参りました!!

センターがおかれる場所は、高円寺駅すぐの中通商店街を抜けた閑静な住宅街の一角。

3階建てのフロア(1、2階部がスタジオ専用フロア)はとても開放感のある作りがいのありそうな空間でした。

ヨガサイト作りはリアルな経験を踏まえてお手伝い 画像2
写真右は、代表の紀子さんの息子さん(イシャン君)の力作。床材のサンプルで作った創作ハウス。(^-^)

下見の後は、駅南口のインド料理屋さんのチャイで一息入れてきました。

ヨガサイト作りはリアルな経験を踏まえてお手伝い 画像3
サイトメニューの配置と必要素材の再確認中。みんな真剣です。

オハナスマイルでは、ホームページ作成サービスのほかにも、ヨガのポータルサイト運営、代表によるヨガスタジオ経営ノウハウを生かしたコンサルテーションサービスを提供さしあげています。

地方からのご相談も大歓迎ですので、いつでもお気軽にご相談くださいませ。

P.S. 4月、5月はご予約中の制作で手一杯ですので、新規のご相談は6月以降着手とさせていただいております。

ヨガを一生の仕事に。ヨガ関係者の為のコンサルティングサービス

ヨガを一生の仕事に。ヨガ関係者の為のコンサルティングサービス
こんにちは。

昨夜は話題の映画『僕と妻の1778の物語』を映画館に観に行きました。
主人公達はとても辛い環境にあったと思いますが、どの人にも待ち受けている死というものを考えて、その視点を臨終のあるべき姿に移した場合、最高に幸せな二人にも見えました。

過ぎ去る日々、時間、一秒一秒を大切にしたいなと改めて考えさせられました。

さて、今日はちょっと話題をヨガに振って、眺めのエッセイを書いてみたいと思いました。

個人(ヨガインストラクター)にしろ、組織(ヨガスタジオ)にしろ、
ヨガを通して生徒さんに健康になって欲しいという想いにかわりはないと思います。

「心もカラダも健康になろうよ!」

「私もヨガで変われたんだから!」

実体験をとおして、その経験をシェアしたい。
それをビジネスとして、ライフワークとして仕事にしていきたい。

そんな想いからヨガ・ビジネスを始められる方が多いように思います。

でも、その想い。
空回りしていませんか?

「立ち上げたらまずは生徒さん集めだ!ブログを毎日書こう!!」

しかし、思うようにインターネットからのお問い合わせは少なく、どうも客足もにぶい。。

「やっぱり、チラシだチラシ!!
お客さんに来てもらうためには、まずは近所の方に知ってもらわないと!」

「え~とデザインはこんな感じで、プリントコストはできるだけ安く。。」

「この印刷会社さんがいいんじゃないかな?
とりあえず1000枚いっとこう!案外安いし!」

でも、思ったほど来てくれない。。

「そうだ!クチコミが足りないんだ!
もっとインターネットで書き込みを増やしたり、認知してもらえるように頑張ろう!」

う~ん、まだまだ。。

このようにして、その立ち上げ当初の熱い想いとは裏腹に、その活躍の機会を
なかなか得られないまま、月日と立ち上げ費用を浪費してしまうケースが多いように思います。

どうしてこんなことが起こるかというと、

ヨガインストラクターさんやヨガを経験してその場を提供したいオーナーさんは
ヨギーの心をもった伝道者であって、経営者ではありません。

いや、もっと正確に言うと、経営者としてのマインドが欠けているだけなんです。

日本最大級のヨガ・ポータルサイト『ヨガジェネレーション』を運営する弊社でも、よくヨガスタジオ関係者様から、そして卒業生を含む現場のヨガインストラクター様からこういった類のお話を聞かせていただきます。

そんなとき、もっと早くに相談してくれていたら、
お金を使い切る前にもっとやれることがあったのに・・・

アドバイスしようにも、それを生かしきるための財政的余裕がなくなってしまっては展開のしようがありません。

時間とお金は大切です。

自分の夢を実現するために、学ぶことに真剣にならなければなりません。

「みんながそうしているから」

には理由があると思いますが、ただそれだけの理由で
なんとなく広告を打ってみたり、ホームページを作ってみることのリスクは大きいように思います。

まずはクローズの無いように、3人のお客様に来ていただこう!満足していただこう!
その次は、その方同士が友達になれるようなクラスづくりを工夫していこう!
そして、その次は・・・ ・・・

というように、素敵なクラスと小さな工夫と努力の積み重ねは、決して目減りすることのない資産を作ってくれることかと思います。

また、それと並行して考えたいのが、熱い想いを持ちながらもアタマの中をクールダウンさせて、その事業をビジネスとして捉えること。

  • ホームページは必要だろうか?
  • 都内や郊外で人気のヨガスタジオのホームページに共通していることはなんなのか?
  • チラシはどんなデザインが”正しい”のだろうか?
  • それらをどこにお願いするのが適切だろうか?そして、その理由や判断基準は何にあたるだろうか?
  • そもそも、私のこの現状について冷静なアドバイスをくれる人って?

人と人を繋げることは、とても尊い考え方ですが、それをカタチとして実現させるために
その想いを学びの成果として、実現させてくれるツールや協力者を見つけなくてはなりません。

このホームページでは、そういった人たちの直接的なお手伝い(HP制作やヨガジェネレーションの広告メニューの効果説明)はもちろんのこと、サイトの記事としていろんな角度から使えるテクニックをシェアしていくことで、そのオーナーの想いにより沿いながらすべからくすべてのヨガに関わる人たちへ僕達にとっての『何ができるか?』を伝えていければと思います。

教えるではなく、伝える。
そのためには私たちも日々学び続けたいと思います。

伝わるクリエイティブを一緒に考えましょう!

 

追記(2014/9/30):
上記のようなヨガビジネスに関してわかりやすく教えてくれる&確かなPR方法が学べる講座が誕生しました。弊社代表の酒造(みき)が講座を担当しています。