このページの構成に一番頭を悩ませました

というのも、最初このページに掲載する予定だったものは価格表。

それぞれ、

  • ホームページの新規立ち上げ ¥○○○,○○○~
  • ホームページのリニューアル ¥○○○,○○○~
  • ショッピングサイト構築 ¥○○○,○○○~
  • コンテンツ企画 ¥○○○,○○○~

というものを想定していました。

しかし、私自身も過去に在籍していたホームページ制作会社などでの経験から
このように打ち出した価格だけから判断され、比較検討の段階で落とされてしまうのは
クリエイティブ、そして立ち上げた後の成功を目指す会社としてはとても悲しいものだと感じていました。

じゃあ、全部「ご相談ください」にしちゃえば?

一方、すべてを『まずはご相談ください』や『ASK』という表記ではぐらかすのも、逆に”お客様とのヒアリングによって内容を調整し価格に柔軟性を持たせる”といった真意が伝わりにくく、怪しい雰囲気さえ醸し出されてしまいます。

どうすればいいのか・・・

結論としては、『チームとして魂(たましい)入れて動いた分だけかかります!』『予算の範囲でタッグを組んで、いいもの作っていきましょうよ!』です。

一端のエンジニアが一日働いたとして、日額2万円ということはまずありえないのですが、オハナスマイルが制作に最低でも必要だと考える2週間の工期で換算すると最低でも28万円、ここに打ち合わせや開発後の担当者教育なども含めると30万円は軽く超えてしまうことがおわかりいただけるかと思います。

しかし、この30万円という価格でさえ難色を示される方もおられると思います。
ホームページに求める期待と価値観は、そのプロジェクトの担当者が見据えておられる事業規模に大きく比例しているからです。

「これから毎月自分が食べていけるだけの収入を得るために必要。。」
「これからのべ何千人というお客様に新しい価値をもったこのサービスを伝えていきたい!」

ホームページ = 「お家」と考えるからこそ

今後インターネットを販売・集客のツールとして利用する場合、その最も中心となる『立ち返られる場所』。それがホームページで、まさに事業の『お家(おうち)』だとするならば、それが『呼び込み』型のビジネスであることを忘れないことが大切だと思います。

誰しも自分の家を背負って、友達の家まで遊びにいくことはできません。
インターネットではすべての営業活動が、自分の持ち物(スキル・サービス・商品)が陳列された、私の場所(ホームページ)に呼びこんでから始まるコミュニケーションを起点とするものだとするならば、その場所の雰囲気やデザインはとても大切です。

でも、世間で一般的な価格も知りたい

ちなみに、ウェブ業界で一般的な価格設定はこちらにとても上手くまとめられているのでご紹介しておきます。

○○円ならどこまでできる!? ウェブサイト制作の相場早見表 | Web担当者Forum

「でも、『チラシ』に50万円もかけられない・・・」

そこですよね。チラシ、、チラシなんですよね。

ホームページはチラシとは違いますし、毎日水をやり続けることで、大きく育ち、想定外の花を咲かせる可能性を持つものです。水をやり続ける気持ちの大きさの分だけ、きっと返ってくる。

一緒に小さな舟から漕ぎ出しましょう!

最後に、それを坂本龍馬が初めて西郷どんと会った時の感想に例えたいと思います。

「西郷というやつは、わからぬやつでした。釣り鐘に例えると、小さくたたけば小さく響き、大きくたたけば大きく響く・・・」

明日の価値観をいっしょにドキドキワクワクしながら作っていけたらと願います。
高いか安いかを判断してもらうための、価値観についてのお話でした。

どんな些細なことでも結構です。
チームメイト候補としてご相談いただければ幸いです。